進路 進路状況

進路状況

1957年に物理学科が創設されて以来50余年、これまでに5,000人を超える卒業生、700人以上の大学院前期課程修了生、さらに100名以上の博士号取得者を輩出しています。卒業生が作る同窓会は、学生向けの講演会の開催など、後輩たちの学生生活や就職などを全面的にサポートします。

おもな就職先(最近3年間)

横浜ゴム 三菱電機 キヤノン 東芝
富士通 日立建機 竹中工務店 日立プラントテクノロジー
東日本旅客鉄道 日本郵便 理化学研究所 商船三井システムズ
富士フィルムメディカル 警視庁 東京消防庁 気象庁
原子力規制庁 千葉県警察本部 東大和市 越谷市
渋川広域消防本部 東京都教員 神奈川県教員 千葉県教員
川崎市教員 埼玉県教員 埼玉大学 千葉日本大学第一中学・高等学校

大学院

物理学を極めたいと考えている皆さんのために、物理学専攻が設置されています。2年間の博士前期(修士)課程と博士号の取得をめざす後期(博士)課程があります。毎年、50名程度が前期課程へ、数名が後期課程へ進学し、専門的なスキルを身につけたのち就職します。進学先は7~8割が日本大学大学院、残りが国公立大学大学院です。

大学院での研究により新しい成果が得られた場合には、学会発表や論文を執筆する機会も生まれます。また、物理学科が提携するカリフォルニア大学アーヴァイン校(米国)やサスカチュワン大学(カナダ)をはじめ、国内外の研究機関との共同研究などに参加する機会も得られます。自らの研究成果を国内外の研究者にアピールすることにより、プレゼンテーション能力と国際的な広い視野を得ることができます。

取得実績のある主な資格

物理学科の卒業生が実際に取得した実績のある資格です。多岐にわたる分野に挑戦し、活躍しています。

所定の科目の履修により与えられる資格

高等学校一種免許状(理科・数学・情報)

中学校一種免許状(理科・数学)

高等学校専修免許状(理科)※大学院修了後

測量士補

学芸員

その他取得実績のあるもの

放射線取扱主任者(第1種)

基本情報技術者

応用情報技術者

気象予報士

弁理士

知的財産管理技能士

特定高圧ガス取扱主任者

エックス線作業主任者

危険物取扱者(乙種)

高圧ガス製造保安責任者(甲種機械)

特定高圧ガス取扱主任者

総合旅行業取扱管理者

教員免許の取得

中学校の理科Ⅰ種・数学Ⅰ種、高等学校の理科Ⅰ種・数学Ⅰ種・情報Ⅰ種、また大学院修士課程に進学することで、中学校・高等学校の理科の専修免許を取得することができます。 物理学の専門教育を通して学んだ数学、物理の知識や実験技術などを活かして、多くの卒業生が教員として活躍しています。

© Department of Physics, College of Science and Technology, Nihon University